押さえておきたいスポーツジム選びのポイント

スポーツジムの選び方についていくつかご紹介します

Month: 7月 2018

体験やキャンペーン

Pocket

いきなり高い入会金や事務手数料を支払い、月額料金を払うことにしてジムに入会を決めてしまうことに抵抗感がある方もいるのではないでしょうか。もしまとまったお金を出して通いはじめたジムが自分に合わなかったということになると、長く通い続けることが難しくなってしまいますし、途中でやめてしまうとお金が無駄になってしまいます。そのため、体験可能なジムを利用して雰囲気をつかむことをおすすめします。体験は格安でできることが多く、ジムによって料金には差がありますが、500円ほどの出費で済むところもあれば、無料で体験してみることが可能なところもあります。

お得また、これは通うジムを決めるにあたって必須の条件というわけではありませんが、何かキャンペーンが実施中ではないかチェックしてみることをおすすめします。入会するタイミングが良ければ、入会金や事務手数料といった初期費用がお得になったり、月額料金がお得になったりすることがあります。ジムによってはキャンペーンで友人や知人、家族など自分以外の人を紹介することによって適用されるサービスもあります。自分だけでなく紹介した人も優遇されて、さらに一緒に通える人がいるということでモチベーションを維持しやすくなるのも嬉しいところです。

営業時間や営業日

Pocket

利用したいスポーツジムを決めるにあたっては、忘れずに営業日や営業時間を確認しましょう。営業日については多くのジムは年中無休というわけではありません。たとえば毎週決まった曜日が休みのところで、ちょうどそのジムに通いたい曜日とバッティングしてしまうと、利用することができません。定期的にジムを利用しようと思っている方は、自分が行くことになるであろう日に開いているのか、入会前に確認しましょう。

営業時間次に営業時間についてですが、これは営業日と考え方は同じです。自分が行きたい時間に閉まっているジムは利用することができません。したがって、行きたい時間に開いているスポーツジムを候補にする必要があります。なお、24時間営業のジムところもあり、このような営業時間のところであれば、早朝や深夜しかジムに行く時間を確保することができないという方は助かるのではないでしょうか。

なお、営業時間について気をつけたいのは、平日と土日祝日でオープンとラストの時間に違いがある場合が少なくないということです。平日に比べて週末ははやく閉まるシステムになっているようなこともあるため、自分の行く曜日、時間に確実に開いているのか入会前に忘れずにチェックしましょう。

利用料金や会員種別

Pocket

スポーツジムの多くは、月会費制度を採用しています。月額料金を支払うことによって施設・設備が使い放題になるジムも珍しくありません。このほか、ジムによっては月額料金以外に、初期費用として入会金を支払う仕組みになっているところ、事務手数料が発生するところもあります。また、長期で通う方に関しては、月額料金の年一括払いにより割安になるサービスを取り扱っていることもあります。長く通い続けるためには、生活に支障をきたすほど高額ではないジムを候補にするのがおすすめといえるでしょう。

ジムまた、ジムによっては会員種別を設けていることも珍しくありません。わかりやすいものだとシニア会員や学生会員といった会員種別をあげることができます。シニア会員であれば一定の年齢以上の方に有利な条件で、学生会員であれば学生が有利な条件で利用できるような仕組みになっています。ファミリー会員といって、家族で一緒に同じジムを利用することによってお得になるなどする会員種別もあります。また、利用する曜日、時間帯によってフルタイム会員やナイト会員、デイ会員、ホリデー会員といった会員種別が用意されているジムもあります。会員種別を設けているジムを利用する場合は自分にとって好都合な会員種別がないかしっかり確認しましょう。

ジムの場所と設備

Pocket

自分が筋肉を鍛えたり減量したりするために通うジムですので、できるだけ妥協せずに選びたいところ。いい加減な選び方をしてしまうと、長続きせずにお金を無駄にしてしまうことにもなりかねません。スポーツジム選びの際に注目したいポイントとして、ジムのある場所やジムに導入されている設備をあげることができます。

プールまずジムのある場所ですが、どこから通うことになるのかをよく考えましょう、出勤前の朝活として利用したいのか、仕事帰りのリフレッシュのために通いたいのか、仕事のない休日に行きたいのか考えてみると、自分にとって最適な場所のジムがどこなのかが見えてくるでしょう。出勤前や仕事終わりに利用したいということであれば、職場に近いほうが通いやすいでしょうし、休日に利用したいということであれば、自宅から近い場所にあるジムのほうが通いやすいでしょう。

次にジムの設備ですが、自分の目的に合った設備が導入されているところを候補にしましょう。鍛えたい部分の筋肉にアプローチできるマシンが置かれているか、体脂肪の燃焼にも効果的な有酸素マシンがあるか、プールやサウナ、大浴場のようなスパがあるのかなど、利用したい設備があることをしっかりとチェックしましょう。

当サイトでは、場所や設備以外のどの要素に注目してスポーツジムを選べば失敗しにくいのかを解説しています。今後、ジムに行くかもしれないと思っている方は、参考情報としてお役立てください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén